• 0558-23-3487
  • TOP

子供たちの「今」と「将来」の眼を守る眼鏡

 

お子様のメガネを作り変えました。
1年前に初めてのメガネを作りましたが、短い間にぐんと成長し
今までのフレームが小さくなるほどでした。


お子様は体に心、様々なところが成長していきますね。
「もちろん眼も成長します。」

とても大切な時期です。
スポーツを始めるとたくましい体が作られるように
眼も環境に合わせて変化し成長します。


そこで、
現代のお子様の環境を思い浮かべてください。
「タブレット端末の学習」「室内時間の増加」「屋外時間の減少」
近くを見続ける時間が長くなっています。
世界中で子供たちの近視の進行がが懸念されています。
近視の多いアジア圏だ出来なく、世界的に近視の増加が進み
2050年には世界の50%の方が近視になる報告もなされています。


お子様にこんな仕草はありませんか?

○片目を閉じて物を見る時がある
○眼を細めてテレビを見ている
○テレビやゲームを見る距離が近い
○上目使いで物を見る など

不自然な仕草に気づきが大切です。


子供の近視は強度近視へ進む恐れがあり
視力低下だけでなく

眼の病気に発展する恐れがあります。


お子様の見え方は最初に
眼科を受診ください。

※お子様の眼はとても順応性があり調節力があります。
眼鏡店の視力測定では、眼の調節力に隠れてしまい

間違った度数合わせになる可能性があります。



眼科様からのメガネ作りの指示を頂いてから製作しています。



本日は
眼科様に受診されたお子様にお勧めしている

フレームとレンズを紹介します。



本日のフレームは谷口眼鏡さん

TURNNING Step by Step


福井県鯖江の自然豊かな河和田地区で作っているメガネフレームです。
「福井の伝統メガネ作り」を大切に、熟練職人と若手職人、デザイナーが
使う人を想い丁寧に作っているメガネです。





デザインとかけ心地、メガネ本来の性能だけでなく
大切に考えている順番は
目→顔→レンズ→フレーム
もしもの時は程よく眼鏡が壊れて、かけている人が怪我をしないように作られています。
もちろん!壊れてもご安心ください♪
しっかり修理が出来ます。


使うほどに思い出がつまり
愛着の湧くメガネになる
素敵な魅力。



詳しくはこちらをご覧ください。

谷口眼鏡さんの眼鏡、人、環境の良さが伝わるホームページです。









レンズも大切です。


 

ZEISSMyoKidsのレンズは
子供
今と将来をえた専用設計です。
近視、遠視、乱視、
多くのレンズが大人のレンズと同じ設計になっていますが

ZEISSのMyoKidsお子様の眼に専用に設計されています。



子供は見ることで沢山感じ、経験して成長します。


花火や自然など同じ景色を見て、
○ハッキリした綺麗な見え方

○ぼやけた見え方では
感じ方も変わり、行動まで変えて感動に大きな差があります。


今までの弱めの度数で遠くの視力を低めにする眼鏡合わせが
近視の進行に効果が無い
という報告も発表されています。

 

ZEISSのMyoKidsのレンズをお勧めする理由は

遠くも近くもはっきり見えて
眼をサポートすることです。

 

Lens  ZEISS MyoKids

 


見た目には普通のメガネレンズですが
ZEISSのレンズは紫外線を100%カットします。

 

 

※画像で印をつけました※
青い部分は遠くがハッキリ見えるクリアゾーンです。
赤い部分が近くを見る時に眼をサポートするアクティブゾーンです。





下の図をご覧ください。

正視の眼より近視の眼は近くを見る時に
調節ラグ(調節不足)が発生している事が多い事が分かっています。

上の一般のメガネレンズでは遠くはハッキリ見え
近くは調節ラグ(調節不足)が発生しています。
近づけて見るほどにピントは後ろにズレ、調節ラグ(調節不足)は多く発生します。

網膜より後ろでピントが合ってしまうことは
眼を横長にして網膜でピントを合わせる
刺激につながる可能性があると言われています。



デジタル機械を多く視るための成長は
眼はデリケートになりやすく
将来に眼病リスクが高くなると危惧されています。

 




ZEISSMyoKidsのレンズは遠くを見やすく
近くを楽にみる事ができる特殊な設計です。



多くのお子様に
違和感なくお使い頂いています。



今回は1週間後
 見え方は良いけど、、
メガネがズレ落ちるという事で
鼻あてを改善することにしました。

 

子供メガネの鼻もり


既存の鼻あてを切り取り

子供メガネの鼻もり

アーム式の鼻あてにしました。

既存の鼻あてはお子様の鼻と合わない場合があります。

子供メガネの鼻あて修理




アーム式の鼻あてはに変えると
鼻の高さや形に合わせて細かな調整ができます。

子供メガネの鼻あて修理




力が分散してかけ心地も良くなりますね

既存の鼻あて 

 アーム式鼻あて



かける位置も安定して
レンズの設計が保たれます。

既存の鼻あてのかけ位置

 

アーム式鼻あてのかけ位置

 



お子様のメガネは正しい位置でかかっていますか?

メガネは正しい位置でかける事で
最適な度数になり
快適な視界と有害な光やホコリから眼を守ります。




お子様の澄んだ瞳は色々な光を
沢山とりこんでしまいます。

体に良くない食べ物や水分は
選んで避けることはできますが
光には無防備です。


紫外線も年々強くなっている現代
ZEISSのZEISSのMyoKidsは有害な紫外線を100%カットします。
思い切って外で遊ぶことは体と心にも良く
近視の進行を抑える効果もあります。




遠くの山や水平線、学校の教室、教科書、タブレットなど
色々なものがハッキリ見えることは大切ですね。


メガネでお子様の眼を大切にすることができます。
お気軽にご相談ください。


メガネのツチヤ
静岡県下田市
0558-23-3487
info@megane-tsuchiya.jp

2024年4月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930