• 0558-23-3487
  • TOP

「本当のフィシングサングラス作り」


素敵な女性アングラーの方からご注文を頂きました。

Zeque Belle 遠近両用で仕上げました。


お客様は毎日海に向かう方で、釣りにたづさわるお仕事をしています。

海の強い日差しの眩しさ、目の影響への対策の必要性を感じていました。
また普段からNikon高性能遠近両用メガネを常時かけていました。



海には偏光サングラスは必需品ですね!
普段メガネを使用している方は適切な度を入れることで、
驚くほど快適なフィッシングサングラスになります。



※普段はメガネを使っているけど、釣り用サングラスは
 「度なしで良い」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、
 全然見え心地が違います。
 度付きで作ることをお勧めします。


もちろん眼鏡店では
偏光レンズの度付き製作が出来
遠近両用やスポーツカーブなど複雑な設計で作る事ができます。
しかし、
最適なレンズ素材とフレームのデザイン選びが必須になります。
度なし偏光レンズより細かな配慮が必要です♩


大き過ぎない デザイン Zeque Belle


お選びしたサングラスはZeque Belleレンズサイズは50mmほどで
いつもかけているメガネより1~2mm大きい程度です。
小顔な女性でしたのでクールビューティーなかけこなしでした。



これぞ!スポーツサングラス!!」
というデザインでなく、普段使いも出来るちょっとスポーティーな感じです♩


海用サングラスだから眩しさや風、視界を広く!
大きなデザイン選びになってしまう事も多い様です。



度付きフィシングサングラスはサイズ選びが重要です!

レンズは大きくなるほど、
近視は外側が厚く=重く
遠視は中心が厚く=重くなります。

1人1人違う瞳の位置を細かく意識してデザインを選びます。



ご安心ください!適切なサイズ選びは
         ↓
レンズが薄くなり、見た目に良く!
軽くて、かけ心地もも良く!

高性能な繋がりを生み出します。


下の画像は
青が適切なサイズ選びをしたレンズの薄さ
赤がサイズを考えないで選んだレンズの厚さです。




今回の遠視度数は中心が1番厚くなります、上の写真の右側は外側の厚さを
ぐるっと一周表しています。

最大のレンズ厚みを2倍以上
最小薄くなる箇所は3倍近く
重要も2倍近く

サイズ選びで、同じ度数でも仕上がりが、ここまで差があります。

 

 

 

 

 

Zeque Belle 度付きに最適なレンズカーブ


Zeque Belleはフレームデザインは6カーブ、光や風を的確にブロックし
レンズは4カーブがはめ込める設計になっています。

※レンズカーブも厚さを左右します。
カーブが深い=レンズは厚く
カーブが浅い=レンズは薄く

※見え方も左右します。
カーブが深い=見え方の違和感強く
カーブが浅い=見え方の違和感少なく

 

Zeque belle


Zequeのサングラスは,日本のプロアングラーの声を反映したデザインを
厳選した日本の工場で製作されています。

フレームの素材、デザイン選びは偏光レンズの性能を最大限に発揮させる
工夫が沢山詰まっています。
また購入した後もしっかりメンテナンスや修理ができます。
長年お使い頂く方も多くいらっしゃいます。

他にも沢山の工夫がありますので是非お気軽に
見にきてください。



今年も7月後半にZequeのフィッシングサングラス展示会を
予定しております。





メガネのツチヤ
静岡県下田市
0558-23-3487
infop@megane-tsuchiya.jp

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031