• 0558-23-3487
  • TOP

「眼の疲れと体内リズムを守るこれからのメガネ対策」

パソコンやスマホ、タブレットから
眼に入ってくる「ブルーライト」
でも、、、
デジタル機械の数百倍のブルーライトが
日中の外では眼に入ってきます。
そうなんです、
1番のブルーライトの発生源は太陽(陽射し)です。

人の体は太陽の光で体内リズムや気分を整えています。

夜間にパソコンなどのモニターを見ると
体はまだ日中と勘違いしてしまい
良質な睡眠がとれなくなってしまう事が
指摘されています。

 

でもなんでパソコンやタブレット、スマホを見ると
疲れるのでしょうか?
それは、近くの物を見るとき
人は目の中の筋肉を使って見ているからです。

近くを見る筋肉の力は10歳位が最高になり
20代〜30代〜40代になり
目の中の筋肉や組織は衰えてしまいます。

 

上の資料にある調節力チェック方法
試してみてください。





ブルーライトを抑えるとモニターの明かりは
少し黄色くなり柔らかくなります。

でも近くの長い作業でボヤけを感じたら
別のメガネレンズで対策が必要になっています。


老眼までいかないけど、近くが疲れる場合
Nikon シフトオンというレンズがあります。



左側のイラストイメージにある様に
レンズの下にスマートブースターという
眼の筋肉をサポートする度数が内蔵されています。

近くを見るための、こんな仕草の必要はありません。



少し遠ざけて見る



遠くはっきり見るメガネと弱めのメガネの掛け替え
(近視の方)

お手頃な既成の老眼鏡を鼻眼鏡にして近くを見る
(視力の良い方や遠視の方)

もっとスマートな仕草と、おしゃれなメガネに♪



 

Nikon SHIFTONの仕上がりを見て見ましょう。

NIKON SHIFTON

 


NIKON SHIFTON 

選んで頂いたメガネフレームに合わせて削ります。
スーツ姿の多いお客様、レンズの縁をサンドペーパーをゴシゴシ磨いて
アレンジしました。

Nikon SHIFTON

 

磨くとレンズの隅に透明感がでます。
レンズの厚みを隠したり、キリッと知的な印象を意識しました。

 

 

Nikon SHIFTON

 

シフトオンはブルーライトカットが標準装備です。
スマートブースターで眼の調節を和らげるだけでなく
ブルーライトを和らげ、夜間のパソコン作業体内リズムの崩れを
予防する効果が期待されます。

NikonSHIFTON


特殊な設計ですが、、
見た目は普通のメガネと変わりません。

いつものお洒落メガネが
眼の疲れと体内リズムを守ってくれたら良いですね。



静岡県下田市
メガネのつちや
info@megane-tsuchiya.jp
0558-23-3487

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031