• 0558-23-3487
  • TOP

補聴器の乾燥ケースについて

きのうは暖かかったので、子供達と近所の公園に行きました。

かわいいたんぽぽを沢山つんできてくれて,

春を感じました。皆様いかがお過ごしですか?

今日は、補聴器を保管する乾燥ケース(signia)についてご紹介します。

最近の補聴器は防水性に優れ、湿気にも強くなってきましたが、それでも湿気をおびたままにしておくと、きこえが

小さくなったり、故障の原因になったりします。なので補聴器を使わない間に乾燥させておきましょう!

お風呂の時、就寝時ははずして、乾燥ケースに入れて下さい。

ケースに乾燥剤、スポンジ、補聴器の順に入れて、ふたをしっかり閉めて下さい。

 

乾燥剤は写真の様に白い紙の方を上にして下さい。

 

電池ははずして、ケースの上が磁石になっているので、電池が平な面を下にして貼り付けておいてください。

電池を乾燥ケースに入れると早く消耗してしまうので、出来るだけ出して下さい。

乾燥剤は、2〜3ヶ月に一回程で交換してもらいたのですが、

オレンジ色が白ぽくなったら替え時です。

乾燥剤 500円    乾燥剤、ケース一式 900円

3月28日(土)10時〜16時 当店でメーカー(シバントス)による、きこえの相談会が開催されます。

初めての方も、補聴器のこと相談してください。お気軽にお立ち寄りください。相談日以外でもお気軽に。

木曜日はお休みです。

 

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31