• 0558-23-3487
  • TOP

未来へ伝えたい西暦6970年の人たちへ

今日は、未来の世界に伝えたい日本のメガネを紹介します。
 

2015111017388.jpg

 

そのめがねは増永眼鏡で製造されています。
増永眼鏡は1905年に設立されてから110年以上理念を守り続けています。

「当社は良いめがねをつくるものとする。出来れば利益を得たいが、やむ得なければ損をしてもよい。
            しかし常に良いめがねをつくることを念願する」



増永眼鏡の光輝のデザインは、懐かしいデザインが多いのが特徴です。

最近になってクラッシックなデザインが流行り始め
沢山のメーカーさんが似たような形を作っていますが、、、


手にとってみて顔にのせたり、じっくり見ると違いに気づくとおもいます。
うまく伝えられないのですが、量産品では出来ない

綺麗かつ、かっこいい、作りての思いが雰囲気にでています。
見てかけるだけでも楽しいです。
お気軽に見にきてください。




20151110175858.jpg
その中で興味深いお話の詰まったモデルが
増永眼鏡の「光輝 000」

40年以上前の定番モデル、カスタム72を復刻したモデルです。
モデル名も000というのは、増永さんが原点に立ち返ったモデルだからだそうです。

すごく渋いですね。
顔の大きく面長な私ですが、、、少し小さくみえます。
レンズには縦幅があるので、眉から顎先までが少し短く感じますね
これいいです。欲しい、、、
 

2015111018501.jpg




1970年の大阪万博で埋蔵されたタイムカプセルの中に、
当時の人たちの愛用品として、このめがねが入っています。
5000年後!の開封予定です。

20151110181240.gif


西暦6970年の人たちは、このめがねを見てどんなことを思うのでしょう。
ロマンと楽しみのあのあるめがねですね

 

 

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031