• 0558-23-3487
  • TOP

使い方!オンリーワン!「エアフライAF402」

エアフライ AF402


マラソン、自転車、アウトドアスポーツなどで
注目を集めている
エアフライ
その中でもメガネのツチヤは新作のAF402をお勧めします。
陸上競技などスポーツをする人だけなく
本格使用の漁師さん、一般のお客様から喜ばれています。

私自身もマラソンや釣り、バイクで使用しており
他のサングラスにない良さを感じています。



そんなエアフライ402どのような
サングラスか紹介させて頂きます。

AF402 マットブラック

 

AF402 デミ

 

AF402 クリアアッシュ

 

 

フレームカラーは3色です。
デザインがとてもシンプルでかけやすいですね。
スポーツサングラス特有の、な配色やデザイン
ロゴの主張を感じません。
サングラスが初めての方も、気楽にかけられますね。



これがすごいです。

エアフライは鼻パッドがありません



エアフライの最大の特徴は鼻パッドの無いことです。

エアフライ サイドパッドと耳あてを自由に曲げられます。




サイドパッドと耳あてはエラストマー(ゴム)素材で滑りを抑え
芯金がステンレスで作られています。
お客様ご自身で曲げて
細かなフィッティングが出来ます。

 

 

エアフライ 耳あてセルフフィッティング

エアフライ サイドパッドセルフフィッティング


滑りにくいゴム素材を自由に曲げて
位置やフィット感を細かく調整できます。

調整の仕方の説明書もあり
動画解説もネットで確認出来ます。


使い方に合わせて
(マラソン、サイクリング、登山、釣り、ドライブなど)

激しい動きで使うときはピッタリ合わせ
リラックスするときは、緩めなフィット感に調整出来ます。


天候に合わせる
(風、温度、太陽光線の向き)

空気の循環を良くします。
レンズの角度や距離を調整して顔から離して
風の通りを良く
(曇りを抑えます)


遮ることも出来ます。
サングラスを顔に近づけると、風の侵入を防ぎます。
(早い速度で移動するマラソンやバイクなどに快適です。)

エアフライ402 大口径レンズ


大きなレンズは視界が広く、風をよく遮ることが出来ます。
海外のスポーツサングラスにありがちな
小顔で彫りの深い西洋人向けの8カーブより
鼻が低く彫りの浅い日本人に適度な6カーブ


エアフライAF402 レンズを簡単に交換できます。


今までのエアフライより、簡単にレンズ交換ができます。
エアフライ純正のスペアレンズの他にも
レンズはお手頃なレンズから高性能なレンズも
オーダーメイドできます。
世界に一つのエアフライAF402を仕上げる事ができます。

 

かけ心地やかける位置など
日本の沢山の人が抱えていた
スポーツサングラスの問題を
解決する事の出来るエアフライ


エアフライAF402の機能を活用して

釣りでフィールドテストをしました。

出発時間は午前4時



早速エアフライをかけて
深夜にバイクで釣り場に向かいました。

レンズは度付きKodak DF設計(隅々まで歪みを抑える高性能)
湾曲した6カーブデザインでも違和感が少なく見やすい。

レンズカラーはsight585 (人が眩しく感じる光をピンポイントに抑える)
車のライトや街灯などを眩しさを抑えクッキリ見えます。
私の場合は、暗闇でヘッドライトで照らした道や、荷物の見え方が
優しく見えました。(通常は眩しさを感じていました)

お大きなレンズは、バイクの運転中も風を避け快適でした。



バイクを降りた後
釣り場まで夜の山歩きも快適でした。
Kodak Sight 585レンズカラーは


紫外線UV400を99%カットしながら
人が眩しさを感じる585nmの波長光をピンポイントに抑えます。
「サングラスをかけていない状態より明るく見える」
不思議な見えやすさを感じました。

 



釣り場に到着し、空が明るくなり始めたら
sighito585から

ポラマックステンダーグレー 
Kodakの偏光レンズに交換しました。

 

エアフライAF-402レンズ交換

Kodak テンダーグレーというレンズ
「色の濃さは62%」薄めの偏光色ですが
偏光度が99%あるので
「明るく見え、しっかり反射を抑えます。」

 

エアフライAF402片方だけレンズ交換した状態です。



朝日は登っていない時も、海面は反射をしています。
偏光レンズをかける事で
水面の反射を抑えて水中を深く見る事ができます。


写真ではわかりにくいですが
水面の反射がなくなり泡(サラシ)の流れや深さが把握できます。

 

一般の偏光レンズは
反射を抑えるために、レンズ色が濃くなってしまいますが
Kodakのテンダーグレーは

 「色の濃さは62%」薄めの偏光色で
偏光度が99%
「明るく見えながら反射を抑えます。」

 

日の出前に、投げたルアー方向に光る魚体と同時に
大きなあたりを感じました。


いつも愛用している竿は
持ち運びに便利で短い、パックロッドです。

ルアーの飛距離を出すため
糸はPEライン1.0号ショックリーダーは3号細めです。


強引に引っ張ると、魚が下に潜り込んでしまうため
沢山糸を出して丁寧に釣りました。


偏光レンズはそんな時も
水面の反射で見えつらいPEラインの向きが
はっきり見えます。
魚の方向が分かりやすく的確に対応ができました。

エアフライ AF402 大きなレンズで視界を広く眩しさを抑えて釣りにもいいです。



釣り上げるまでの間は、魚の泳ぐ方向に合わせて
岩場をジャンプをしたり、移動を繰り返します。
網ですくう時は下を見ますので
サングラスがズレ落ちてしまうと大変ですね。

エアフライはズレ落ちずフィットして
Kodak テンダーグレーは鮮明な視界で情報を届けてくれました。

魚がかかって10分以上
慎重に釣り上げる事ができました。



嬉しい瞬間です。
ありがとうございます。


メガネのツチヤ
静岡県下田市2丁目13−9
0558-23-3487
info@megane-tsuchiya.jp

 





2024年5月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031