ホーム>めがね日記>2019年4月

2019年4月

これからはもっと光から眼を守るレンズ 

201952141524.jpg

私達は毎日、身の回り情報の90%以上を眼からキャッチしています。
眼が健康であるという事はとても大切ですよね。



しかし、最近の眼の環境は次々と過酷になっています。

  • オゾン層の破壊による紫外線や有害な光線の増加

  • 大気汚染

  • スマートフォン、タブレット端末,パソコンの使用頻度の増加

  • 食生活の変化やストレス

     

環境や生活習慣の変化で眼の病気も増えています。
なかでも、加齢黄斑変性は日本で患者さんが急増している恐ろしい病気にひとつです。


加齢黄斑変性は紫外線や近紫外線(ブルーライトの1部)を眼の中に入れてしまうことが
原因の1つあげられています。


現在のメガネレンズやサングラスのほとんどが紫外線を99.9%カットする事が出来
裸眼より有害な光から眼を守る事が出来ます。


しかし有害な近紫外線までは抑える事は出来ません。


黄斑部にはルテインという色素が多く含まれ

有害な光を吸収して,黄斑部のダメージを抑制してくれます。

 


しかし大切なルテイン
○紫外線やブルーライト
○加齢
○偏食
○ストレス
○喫煙などの
原因でどんどん減少ししまいます。


ルテインはほうれん草やブロッコリーなどの緑色野菜に多く含まれていますが
食べる以外に体内で作る事が出来ないため、
眼の健康には有害な光からルテインを保護することが重要視されています。




東海光学さんのルティーナレンズなら
紫外線だけでなく近紫外線も94%抑えることが出来ます。

色々な度数に対応していますので
近視、遠視、乱視、遠近、スポーツカーブレンズ
ルティーナレンズで作ることが出来ます。



 

 

ルティーナレンズの性質
201951182737.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

食べ物でしたら、健康に良くない物なら食べない事も出来ます。

 

しかし
眼は有害な光だけ選んで避けて見ることは出来ず

起きている間光はいつも入っています。


 

眼には優しい光を届けたいですね。

 

 

メガネツチヤ
静岡県下田市
0558-23-3487