ホーム>めがね日記>2015年10月

2015年10月

老眼鏡という言い方はやめましょう。

老眼鏡っていう響きがよくないですよね。
実は老眼の始まり、調節力のおとろえは10代から始まります。

パソコンやスマートフォンなどの手元の動作が増えた今
調節力の衰えを感じる人は、30代後半からくる方もいます。

無理に見たいものを遠ざけたり、メガネを上に上げて
近づけてみていたりしている人見たことありませんか?

効率も良くなくなり、周りから見た仕草も
年老いて見えてしまします。


そんな方に
メガネのツチヤでオススメしているリーディング(老眼鏡)レンズはこんな見え方をします。

20151031191333.jpg



左側)    普通の老眼鏡レンズ
普通の老眼鏡では、手元の作業距離、30cm、40cm、50cmに度数を合わせると
少し離すとぼやけてしまい、鼻眼鏡にしたり、外したくなったり、掛け替えが必要になります。

右側)    オススメレンズ近用ワイドレンズ Nikon ソルティス
近用ワイドレンズなら手元の作業距離、30cm、40cm、50cmだけでなく
1m〜4mくらいまではっきり見えるのでとても便利です。


長時間のデスクワーク、お料理をするとき、食事中、テレビを見るとき、新聞を大きくひろげても
近くの場所から少し離れたところまで見えるのでとっても便利です。

 

 

今日は、そんな便利な見え方のレンズをかっこよく楽しく仕上げました。

フレーム
Kazuo Kawasai  MP-100

 

レンズ
Nikon
soltes type 2

 

 

 




201510311964.jpg

20151031192327.jpg
20151031192420.jpg

 

にっぽんのめがね展示会の動画を作りました。

先日開催した、にっぽんのめがねの展示会の動画ができあがりました。

築100年を迎えた、下田のまち遺産の澤村邸でめがねを展示できとても貴重な体験になりました。

来場頂いた皆さんと色々お話し出来たり
めがねのメーカー様からも、「ありがとう」と言って頂け嬉しかったです。
またこのような機会を作っていきたいです。
これからもよろしくお願いします。


 

にっぽんのめがね展示会レポート。

今回お見せしたメガネは、創業110年を迎え2013年、2014年、2015年にフランスの国際メガネ展示会
silmoで3年連続シルモドール賞に輝いている増永眼鏡

2015101318927.jpg


 

東京のお洒落なメガネ屋さんが手書きからデザインをして、福井の職人さんと時間をかけて作りだすKAMUROのメガネです。
 

2015101318145.jpg

こんな素敵なメガネを、どんなふうに展示するか色々考え
近くの海から集めた板や丸太、山からススキなど下田の自然のいい素材を集めました。

また澤村邸の石蔵の綺麗な伊豆石が引き立てくれ、なんとか展示会場らしくなりました。


20151013182234.jpg



色々な人に
メガネを見たり、かけたり、似合あうメガネを一緒に探したり
相談にのれて嬉しかったです。
メガネモデルさんにもなって頂けました。見てください♪
   ⇩

face bookにアルバムを作りました。

 

みなさん素敵でした!ご協力ありがとうございます。

 

 


 

 



 

 

 

明日から3日間 伊豆石の蔵の中でめがね展示会をします。

こんにちは、ご覧頂きありがとうございます。
ホームページを作りました。

まだ未完成ところもあるのですが、コツコツ作っていこうとおもいます。
めがね日記、補聴器日記、下田のお話と3つの日記ページも作りました。

 

 

更新していきますので、お時間のある時に思いだして見て頂けたら嬉しいです。
はじめての今日は、明日からのメガネ展示会を紹介します。

 

 

20151091881.jpg

 

下田の観光人気スポット、ペリーロード沿いにある澤村邸でメガネをならべさせて頂きます。
 

場所はこちら↓メガネのツチヤから徒歩5分ほどです。
近くには下田の古い建物をリノベーションしたお洒落なカフェが並んでいます。

 

 

 


2015109181314.jpg

 

棚やメガネスタンドは手作りしました。愛嬌よく伝われば嬉しいです。

また日本の良いメガネが
古い石蔵の雰囲気にどんなふうにメガネがあうか楽しみです。





2015109181833.jpg

2015109182234.jpg

 

展示するメガネは、純国産の
増永眼鏡
KAMUROです。

販売はいたしません、お気軽にいらしてください。

 

 

 

メガネのツチヤ

土屋仁志