ホーム>めがね日記>ZEISS>お仕事もご趣味も。ZEISSの室内レンズが快適な見え方を届けます。
ZEISS

お仕事もご趣味も。ZEISSの室内レンズが快適な見え方を届けます。

2019830181955.jpg

メガネのツチヤでお勧めしている老眼鏡レンズの1つは

レンズの見え方に合わせてたり、慣らそうとするレンズではなく
ひとりひとり違う、手元作業の環境や見え方の感じ方に合わせて
細かくオーダメイド出来るレンズです。


快適な老眼鏡を作るためにはお客様の色々な事を考えます。

  • 姿勢(机の高さや椅子の高さ、見る物の位置や角度や距離)
  • 作業内容(パソコン、手芸、読書、お料理 等)
  • 度数(老眼の強さ、乱視、度に対する感覚)
                        など沢山ございます。

    じっくりお話をしながら測定する事が大切ですね。

 

ご相談頂くケースは
「遠近両用は近くを見るのに
    顎をあげたり、メガネを上にあげて使っている。」

 

遠近両用は、遠くの山から手元まで焦点を組み込んでいるので
お買い物やお出かけの時に手元を少しの時間見るには最適ですが
長時間のデスクワークには近くの見える場所が小さいです。
写真のように顎をあげて見たり
メガネを上に持ち上げて見る工夫が必要になってしまいます。
 

2019830172943.jpg
目だけでなく首にも負担がかかってしまい。
疲れやすくなってしまいます。

 

一般の老眼鏡では近くは良く見えるのですが
レンズの焦点は1つしかないなので、パソコンや室内作業では
見える距離まで近づいて見たり、
鼻メガネにしてしまっている方も多いようです。

2019830172853.jpg

長時間のこの姿勢は疲れてしまいますね、鼻メガネも
見た目に良くはございません。




遠近両用や普通の老眼鏡では
スマートフォンやデスクトップ、ノートPCなど
現在の作業環境には対応が難しくなっています。

2019830181219.jpg
写真は一般の老眼鏡のイメージです。
手元
の書類にはピントがあっていますが。パソコン画面がぼやけてしまっています。

 

  • デスクワークや室内作業が多く
    目や肩に疲れを感じている方には、ZEISSのオフィスレンズが最適かもしれません。

ZEISSのオフィスレンズで作ると
手元から少し離れた距離、室内空間を楽な姿勢で快適に見る事ができます。

201983018911.jpg
見た目にもとってもスマートな姿勢で仕事もはかどります。
最適に合わせると体の疲れまで大分少なくなります。



2019830182143.jpg

1つのメガネレンズの中に、みなさまの手元を見るために最適な老眼度数から

少し離れた1m、もう少し離れた2m、室内隅々まで見える4mまで
お選びして作る事ができます。



初めての老眼鏡の方から
今まで老眼鏡や遠近両用を使っていた方まで
喜んで頂ける最適な度数をお届けします。

体験もできますので
お時間に余裕を持っていらしてください。


メガネのツチヤ
0558-23-3487




 

コメントする